映画感想ブログ シアターじぶんち

映画をメインに映像作品や音楽の感想を書くブログです。

『ヤング・アダルト・ニューヨーク (2014)』感想 フィクションで描かれる人生のドキュメンタリー

ヤング・アダルト・ニューヨーク(字幕版) 

 

 

 

あらすじ

ニューヨークに暮らすドキュメンタリー映画監督のジョシュは、妻コーネリアとの間に子供もおらず、自由な生活を謳歌していた。

ある日彼は自身が講師を務めるアートスクールで、ジェイミーというドキュメンタリー監督志望の青年と、その妻ダービーと出会う。

自身のファンだという彼と意気投合し、彼らのライフスタイルにも感銘を受け、両夫婦は親交を深めていくのだが…。

 

感想

 

大人になれない大人の皆さまは是非見ましょう。

オフビートなコメディドラマで、笑いながらも心が抉られていく…。

 

 

自分の肉体年齢と精神年齢が釣り合ってない感覚は誰しも持っていると思う。

自分の感覚では、自分は学生の頃からあんま変わってないって思っていたりする。

人生の節目で起こる、イニシエーションを経験していない人は特に。

 

でも時間は残酷なもので、体は痛むし、年相応の振る舞いや、その年齢に合わせた生き方を要求される。

自分だけ若いつもりでも、周りは変わっていくし、感覚も老いていく。

それと同時に、若さよりももっと前の、捨ててしまいたいような子供の部分も未だに持っていて、そのくせ大人ぶっていたりする。

 

大人になるってどういうことなのか。

真摯に現実や人生と向き合っていく映画。

良い所も、ダメなところも。

 

 

人間のダメさを愛するユーモア

会話のリズムが気持ちよくて、ユーモア溢れるやりとりが楽しい。

ギャグシーンも面白い。

動きだったり、会話だったり、フリオチだったり手数も豊富。

 


三幕目が特に良い!

映画に製作者の主観が入り込んでいく様なスリリングさ。

それと同時に、どこまでも客観的な視点でそれを捉える冷静さ。

心に突き刺さる言葉の数々。そして、アダム・ドライバーの力。

 

単純に楽しい!って映画では無いけれど、是非見ておくべきかと。

 

 

最後に一つだけ グーニーズのレベルは高い!

 

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク [Blu-ray]

ヤング・アダルト・ニューヨーク [Blu-ray]