映画感想ブログ シアターじぶんち

映画をメインに映像作品や音楽の感想を書くブログです。

「Search/サーチ (2018)」感想 天才的発想に脱帽!PC上のみで描かれる大捜索!

Search/サーチ (字幕版)

めっちゃくちゃ面白い!

大傑作じゃないでしょうか。

この手があったか!と思わず唸る発想と、その思い付きを豊かな映画作品にまで届かせる想像力。本当に感服。

目新しさだけじゃなくて、娯楽作品として押さえるべきポイントがしっかり押さえられていて、満足度が高いです。

 

どんな話?

簡単に言ってしまうと、「ある日突然姿を消してしまった女子高生の娘を、父親が探すお話」です。

娘は一体どこへ行ったのか?その理由は?という、謎を推進力に物語が進んでいくスリラーで、

そこだけ見ると「今までに何百、何千と作られてきたような…」と、思ってしまうけど、その探し方っていうのが非常に現代的。

もちろん警察にも頼るんだけど、同時にこの父親、娘のSNSやPCの履歴から探していくという、娘からすると一番やられたくない方法で探していきます。

 

調べていく内に、父親が「どれ程自分の娘の事を知らないか」に気付いていったり、

娘が父親に隠している姿が徐々に見えてきたりと、家族についての話がテーマとして物語に深みを与えていき、後半のツイストも面白くて、最後までドッキドキ。

 

見所は?

最大のポイントは画期的な演出法!

この作品、なんと全てがPC上のやりとりで描かれるんですよ!

会話のシーンはfacetimeで行われたり、メッセのやりとりで行われたり。

父親がPC上で、SNSを初めとしたネットから手掛かりを探していくわけなんだけど、

その行動がそのまま画面に映されていくのです。

facebookから手掛かりを見つけて、googleで検索しながら、警察と電話みたいな、PC上の出来事がそのまま画面に。

その発想と情報量とリズムの良い編集とで、本当に興奮しっぱなし!

 

で、凄いのが、このPCに打ち込まれる文字がまた芝居をしてるんですよ。

一旦書いて消すとか、打ち込む量とか、スクロールのスピードとかで感情が表現されていて、本当にこの見せ方を良く思いついたなと。

感心しきり。

 

情報を集めていくと、どんどんデスクトップ上にアイコンが増えて雑然としていくんだけど、

そのデスクトップのぐちゃぐちゃな感じが、正に父親の混乱した頭の中そのものに見えたりもして、また面白いんですよ。

 

あと、導入部が本当に素晴らしくて、作品世界の説明とキャラクターの説明とこれからの不穏な空気とスリルが、ものの5分かそこらで描かれるという。

この導入部は完璧に近いんじゃないだろうか。

一切の無駄なく必要なものを全て与えて作品世界に引き込むという手際の良さ。

監督のアニーシュ・チャガンティ、長編デビュー作とは思えないですね。

2020年に新作公開されるらしいんで、今から期待大。

 

役者もまた良くて、皆キャラクターに奥行を与える良い配役なんですよ。

特に主人公のジョン・チョーが良い。顔の演技力がすーごい。

娘との微妙な距離感とかが見事に表現されていて、父娘の物語というテーマが物凄く明確に。

娘役のミシェル・ラーのどこにでもいそうな普通の子感とかも良くて、

彼女が特殊な状況の物語に普遍性とか説得力を持たせているんじゃないかと。

 

まとめ

とにかく、全てがPC上の映像という、その発想の新しさと素晴らしさ。

それでいて物語の骨子は昔からのお馴染みの感じで分かりやすく面白い。

古さと新しさの良い所が同居していて、アイデア次第で今までに無いモノはまだまだ生まれるんだっていう興奮を与えてくれる作品。

素晴らしかった!

 

 

自分がいなくなったら、PCは見ないで捨ててほしい…。

人は誰でも秘密を抱えているのだ…。

 

Search/サーチ (字幕版)

Search/サーチ (字幕版)